審美歯科BTA研究会

会長挨拶

2228C.jpg

審美歯科BTA研究会は、私の開発した審美補綴法であるBTAテクニック®に関する臨床、研究の進歩発展を図り、患者を幸福にすることを目的としています。

BTA(Biological Tissue Adaptation) テクニックはセラミッククラウンやラミネートべニアの治療を行う際に、大掛かりな手術をせずに歯肉ラインも同時に整えることができる治療法です。

この治療法は、一見すると今までの歯科常識から逸脱した間違った治療法のように考えられがちですが、学術的な裏付けにのっとった治療法です。正しい治療法であることは、すでに20年以上の良好な結果を得ている症例を含め、多くの成功症例が裏付けているものと思います。

本研究会では、セミナーの開催、会員向けの勉強会、学会での発表など、活発な活動を行っており日本歯科審美学会では、BTAテクニック®によるポスター発表で、私を含め3名が優秀発表賞を受賞しています。

大きな可能性を持ったBTAテクニック®はまだまだ新しい治療法を生み出していくものと思います。日本だけにとどまらず世界にBTAテクニック®を発信していく予定です。


審美歯科BTA研究会会長 坪田健嗣



2228C-1.jpg
BTAテクニック症例1 術前
2228C-2.jpg
BTAテクニック症例1 術後

?

2228C-3.jpg
BTAテクニック症例2 術前
2228C-4.jpg
BTAテクニック症例2 術後

?


?

2228B.jpg

審美歯科BTA研究会

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
03-3585-8529