審美歯科BTA研究会について

目的

2013年12月に審美歯科BTA研究会が発足。
BTAテクニック®に関する臨床、研究の進歩発展を図り、患者を幸福にすることを目的とする。

BTAテクニックとは

赤坂フォーラムデンタルクリニックの坪田院長が開発した、BTA(Biological Tissue Adaptation)テクニック®は、セラミック治療の際に特別の手術をおこなうことなく、同時に歯肉ラインを整える審美歯科の画期的な治療方法です。

BTAテクニック®を施した歯肉は再生力が高まりますので、歯肉が退縮しにくくなり、治療後時間が経過しても歯頸部が黒く見える可能性をかなり低く抑えることができます。

活動、情報発信

年1回のベーシックセミナーを開催

年3回の勉強会の開催

アドバンスセミナーの開催

特別講演の開催

各種学会、講演会、セミナー等の参加

ホームページ、Facebookからの情報提供

現在までの参加者数

研究会発足から現在まで(2022年5月 現在 総参加人数1311人)

Webセミナー 開催回数1回 参加人数   112名
ベーシックセミナー 開催回数12回    参加人数   328名
アドバンスセミナー 開催回数1回 参加人数      9名
スペシャルセミナー 開催回数2回

参加人数 東京229名

      大阪171名

勉強会 開催回数20回 

参加人数   350名

 

 

BTAマージン・メンテナンス経過記録カード(表裏)

BTAテクニックにて治療を施術した患者には、「BTAマージン・メンテナンス経過記録カード」を配布して、転勤などで転院する場合にBTAテクニックの説明ができ治療、メンテナンスが継続できるようにしています。

会員には、メールにて『BTAマージン・メンテナンス経過記録カード』フォームにて配布いたしますので、各会員の必要事項を記入し指定(下記)のマルチカードにてプリントしていただきます。

エーワン A-one 51077 [マルチカード 各種プリンタ兼用紙 名刺サイズ2つ折りタイプ A4判 5面 10シート 白無地] 
 
BTA.png

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
03-3585-8529